FC2ブログ
08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

こうして今に至る。2 

姉も結婚して子供もいたし、私も高校は卒業したし
一通り家族による家庭のサイクルはいったん終わりました。

家庭が崩壊とは書きましたが、惨いものではなく
家族一人ひとりが自分を見つめ直し、人生の勉強をそれぞれのレベルで
体験し戦っていたのだと思います。

卒業してからの私はダメでした。ぐだぐだでした。尾崎豊ばかり聞いていました。

転機は23歳でした。
地元に近い少し大きな都市で居酒屋の仕事を始めました。
ココで3ヶ月キッチンで働いたところ
次の新店舗のフロントをやるようにいわれました。
そこはもともと古い京都風の長屋で化粧氏の商売をされていた家を
ほとんどそのまま残して居酒屋と言うか料亭のようなお店にしました。

そこは神がかっていて大変に繁盛しました。毎日満席。

そのお店には中庭がありました。
私はお店の改装中に初めてその中庭をみたとき 
「ここに池を創りたい!」と思い、手作業で池を掘りました。
小さい滝も創ってかっこよくしました。

オープンしてからしばらくたって、小さい子供がその池を眺めているので
「どうしたの?」と聞いたら
「水の神様がいるの。」(!)と言いました。
その子は冗談を言うほど大きくなかったのでちょっとドキッとしましたね。
池は直ぐそばにあった井戸水を利用して造ったのでそこに昔からいらした方なんでしょうね。

私はこの辺から、神や霊の存在を少しずつ学んでいくような
人との出会いやきっかけになる出来事を体験していきます。

先に申して置きますが、私は宗教には頼っていません。自分教です。
他の宗教はある程度調べたので人並みには知識はあります。
私の考えがどこかの宗教に似ていても私はどこに属していません。

次の回は、なぜ私が目に見えていることの裏側に興味を持っていったのか?
を少しずつ書いていきます。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« コーヒーを淹れる  |  こうして今に至る。1 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://444kj.blog78.fc2.com/tb.php/65-3b8774b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。