07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

サービスに平等はない 



ホンジュラスからパリに向かう航路で、どうしても乗り換えがアメリカのアトランタになりました。
乗り換え時間は着陸から搭乗まで約3時間。
まず、乗り換えでもESTAというビザがないとアメリカには入国できないので、あらかじめ登録しておき、到着したら機械でまたレシートを印刷し入国審査へ。
乗り換えなのに入国審査。
乗り換えのための人の長蛇の列があるが、そのための審査官の窓口は二つ。
まずこの時点で狂っている。
約束通りのゆっくり仕事をする審査官の活躍で1時間半くらいかかって”乗り換えのため”の入国完了。
その後、ホンジュラスのチェックインカウンターで言われた通り、ラゲッジを一旦ピックアップするために待つが一向に出てこず、確認するとダイレクトでパリまで行くという事実に30分以上浪費。
そうこうしているうちに、ゲートに向かう前の手荷物検査には長蛇の列ができていてる。
急いで並ぶがとにかく乗り換えの人の人数と、対応するシステムとスタッフのスピードが全く合っていないので、ただただ進まない。
搭乗の時間が迫る。
それでも何もできない。
時間が迫っていますとスタッフに報告する人がいても、、、、
「いえいえ、見てください、ここにいいる皆さんが同じ条件で待っているんですよ。あなただけ特別に先に通せません。」
と言われる。
私の後に、スペイン語圏で、英語がほとんど喋れない5人ファミリーが並んだ。
母親はもう既に涙目で、もう時間がないのだとすぐにわかる。
ただ、英語が片言でうまく伝えられず、伝えてもさっきのように、皆同じ状況ですから、となだめられる。
だが待ちたまえ。
トランジットに2時間も3時間もかかるなんて誰が予想するか?
チケットを買うときは、航空会社から乗り換え時間も考慮されて発券される。
バカなスタッフが、客の立場には一切立たず、自由、平等、博愛を実践することのみにとらわれて、いったい何人の人が飛行機に乗り遅れて、泣いていると思っているのか?
アメリカはなんでそんなに偉いんだ?
人は皆、生まれた時から平等かもしれないが、
サービスとは状況に応じて、それぞれの人に対してやり方を変えていいものであり、
平等をつき通したら成り立たない。
少なくとも、乗り遅れる人が出ないようなシステムを準備していない空港が、平等を振りかざすことは認めることはできない。
アトランタ空港を利用した感想は、利用者が囚人として扱われているような、ストレスと悲しみに満ちていた。
アメリカは、管理する側と、される側のルールが違いすぎて、特にされる側に対するルールがお粗末すぎて、Fuckだ。











関連記事
スポンサーサイト

[edit]

 |  久しぶりの »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://444kj.blog78.fc2.com/tb.php/157-12a109ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。