07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

二人の家族が家を出た 


ともに働いてきた二人の家族が

お店を旅発ちました

1人はわたしがオスロにいた約4年前にコペンハーゲンにすんでいたやすお

縁が結び、東京の立ち上げからずっと一緒。そして

彼は結局、忙しくなってあまりお店にいることができなくなった私の

代わりに一番多くの時間をお店ですごし

お店を守ってきてくれた人

彼は常にNOとは言わず何でもやってくれた

だから今度は彼が彼の地元でお店を出して

何か困ったことがあったら私は絶対にNOと言わずに助ける


もう一人はとてもまじめな若き青年

事実、2013年、開店2年目の大事な時期

とてもとても忙しかったけど

今のお店があるのも彼ら二人の働きによるものです。


だから家族と呼びたい


もちろん実際はそんな風に呼んだことはないが

とても大切に思える二人

特にお別れは必要ない

この狭い日本じゃ一緒の家に住んでるようなものだから

いつでもあえるからさ

でもひとつだけ
さみしいのはもう同じ場所で働けないということ

楽しかった平穏な日々は

いつどんな時に終わるかわからないから

と考えたら

今の仲間との時間をもっと大切しようと思えました






















関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« 記念すべき日。あなたと写真と友達。  |  秘密 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://444kj.blog78.fc2.com/tb.php/132-563db217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。