07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

サードウェーブ 

ファーストウェーブ=農園が分かるスペシャルティコーヒーが確立してきた。
セカンドウェーブ=スターバックスが流行った。
サードウェーブ=生豆の品質や焙煎や抽出方法にこだわったアンチスターバックス世代。
この流れはアメリカで起こりました。
この順序の波を経験したアンチスターバックス世代でなければ
サードウェーブではないのではないかと思わざるを得ない。
しかもアメリカでおこった流れなので日本でしかも”サード”だけが主に取り上げられる。
最近始めたカフェにはサードウェーブと呼べるまでの第一、第二の波の歴史を経験している人はどれだけいるのか。
ただサードウェーブと同じように素晴らしいことをやっている人たちはいます。

もちろん私たちのカフェははノルウェーなので違いますが、こういう歴史もあります。
2000年初期、のちにサードウェーブと呼ばれることになるストンプタウンの人たちが
オスロのストックフレッツにコーヒーの勉強をしに来て
ティムやアイナール(私のボスで元ストックフレッツデレクター)達がコーヒーを教えたそうです。
だからフグレンにもサードウェーブのはじまりに関わった歴史がありますので、
私たちがサードウェーブと呼ばれても今後は快く受け入れようと思います。
アメリカで頑張ってサードウェーブというコーヒーの文化を進化させた人たちの努力を知らず、
名前だけいただいている人は賢い人です。批判ではありません。
ビジネスですし、おいしいコーヒーを広めていることに変わりはありません。







関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« 阿弥陀25菩薩来迎図で完全に戦闘不能  |  すでに師走。。。。。。。。 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://444kj.blog78.fc2.com/tb.php/128-d6ed02a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。