08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

 

家から出て少し歩いていたら
道の真ん中に小さい鳥が立っていた

近づいても逃げないので手に乗せて
安全なところに運ぼうと 手を伸ばすと 乗ってきた
そのまま少し歩くと 小さな鳥は近くの木に飛び移った

鳥に嫌われていないようでよかった




みんなで何か大きい目標を達成するときに
計画を立てて
思いつく限りの準備をして
動いて 空回りして 言い争って
分かり合って そして すぐにまた次の問題が起こり
寝るタイミングも計れなく 疲れていく

それでも最終的に
思いが届き 願いが叶う ことを経験したならば

どこからともなく舞い降りる
見えない力が  私たちと 
私たちの願いとの間を実はしっかりと計画通りに結んでくれたこと
感じているだろう

どうすれば確実にそうできるかはわからないけれど

確実にそこにあったのは
純粋な願いであって

それ以外はなかったと はっきり言える
何人いてもそうだった
目標が大きすぎたために そこには純粋しかなかった

だからできた


まるで家族のように純粋な思いと絆を学んだといえる

@FUGLEN TOKYO








関連記事
スポンサーサイト

[edit]

« FUGLEN TOKYOを造った人々  |  死ぬことの練習か »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://444kj.blog78.fc2.com/tb.php/103-aa6464f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)