11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

おいしいコーヒー 

こちらに来てずっとエスプレッソかブラックのコーヒーばかりだったので
最近はミルクとあわせたコーヒーを飲んでます。
DSCF1365_convert_20101226214335.jpg
この日、ココはDead Man Espresso。カフェラテを飲みました。
カフェラテもけっこう難しいもので、フォームの量、質もちろん大事ですが
ミルクの温度とエスプレッソとのバランスも大切です。
メルボルンで作る側をやったことがないのでその範囲で書きますが
先ず、ミルクが沢山入るからと言ってエスプレッソは手が抜けないと思います。
多分凄いトコではミルクとあわせるために抽出を変えると思います。
でももし、カフェが混みだして(けっこう混む)数が出始めるとちょっとどうかな・・・

ミルクの温度はこっちではぬるめ(PB新宿よりも)に作ると聞きました。
ともあれこのとき飲んだのが一番おいしかった!

でもカフェに行くとき、良くも悪くも
1杯や2杯でそのカフェを判断するのは早いですね。焦らず楽しもう。

そして、今日はココに行きました!Monk Bodhi Dharma
DSCF1399_convert_20101230220727.jpg
Monk Bodhi Dharma: モンク・ボーディダルマ: 僧 菩提達磨のことです。
達磨はインド生まれの中国で活躍した禅の開祖ですね!
ココはmade from scratch.すべて手作りのおいしいベジタリアン料理が食べられて
しかも店内の焙煎機で焙煎したコーヒーが飲める
ベジタリアンの私にはいう事なしなカフェです。
ココでも飲んだのはミルク系
DSCF1400_convert_20101230223937.jpg
と言ってもロングブラック(お湯にエスプレッソ)に温めたミルクを付けてもらって
最初は豆の個性やらを楽しんで後でミルクと楽しんで。(お湯+espresso+milk)
この飲み方はおススメですよ!

では今日もありがとうございました。
スポンサーサイト

[edit]

8:40pm 夕焼け 

12階にある部屋から見える夕焼けの
なんときれいなことか
DSCF1384_convert_20101228234036.jpg
仕事でくたくたになって帰って来て
ご飯の後にこれが見れたら
最高の一日だったとおもうだろうな

今は毎日何もしていません
それでもきれいな夕日は
私にもみせてくれています
DSCF1393_convert_20101228234345.jpg

ありがとうございます

[edit]

Merry Christmas 

クリスマスは友達5人と(すべて日本人)寿司を食べに行きました。
Toshiさんの知り合いの本格的な寿司屋さんSOZAI
DSCF1361_convert_20101226213950.jpg
日本でもココ何年かこんなに豪華なものは食していないのでビックリ!
クリスマスと言うよりは日本人の食事会になりとても和やかでした。

そして二次会は私が今住んでいるToshiさんとのフラットへ。
甘口の日本酒と珍しい白トリュフのチーズ、贅沢な夕日。
DSCF1363_convert_20101226214136.jpg
私はあまりお酒が飲めませんので、雰囲気だけで満足。

甘味にToshiさんの弟さん(料理人)手作りチョコケーキとコーヒー(プロ3人いました)も。
いやーいい一日だった。

[edit]

私は人形ではなく創作者だ 

私は人形ではなく創作者だ

神が動かしてくれるのか?
店長が動かしてくれるのか?

自分を自分で動かさない限り
生き生きとした毎日は生まれない

思い出せないことは分かっている
覚えておく必要は無かったのだから

神は神を創ったということだ
私は人形ではなく創作者だ

[edit]

愛よりも先にあるもの 

これは私が書いたものではありません。
でもこういう方がいるという事を知ってほしい。


世の中に、悲しみに暮れ、心の底で震えている人が居て、自分が居る。
その時、自分はその人の悲しみの同じ深さまで居たいと思う。

悲しみ続けている人が居て、自分が居る。
その時、自分は悲しみ続けたいと思う。

痛み続けている心がこの世の中にあるのなら、自分は痛み続けていたい。

例えば自分が癒されるのだとしたら、自分より先に苦しんで痛みを覚えている人から先に癒されてほしいと思う。

博愛か?と考える時があるけど、自分はそうじゃないと思う。博愛じゃない。愛よりも先にあるもの。

愛はすべての始まりだと思うときもあるけど。愛よりも先にそこにあるものがある。
それが、存在というもの。生きている命。世界に吹く風や、広い海。空。

それが先にある。自分も、あなたにもあるもの。それが存在。命。空や海と同じ位置。同じ所にある。

自分は癒されたくないのか?というとそうではなくて、癒されたい。
だから、たくさんの想いや存在とともに、ただそこに在るものとして、時間を歩いていたい。

悲しみも、寂しさも、心の穴も、痛みも、みーんな引き連れて。
喜びも、楽しさも笑顔も、ただそこに在るものとして、それ以上でもなくそれ以下でもなく。

心に深い深い闇を抱えていると、同じように深い闇を持つ人と同じ位置に居る。
その人を癒したいと思うか?と聞かれれば、思うと答える。じゃあ何がしたいと言われたら、ただそこに在りたいと答える。

命は並列で、並んで進んでるもの。時の平原を光のように進むもの。

並列に居ることが、自分の祈りの根本にある。平等ではなく、不平等でもなくスタート位置も終わりも違って、比べることができないもの。

あなたが心を痛めるというなら、それは自分も痛めるということ。
あなたが笑えば、自分も嬉しい。

自分は、この世に生まれ、この世に育ち、消えゆくもの。
多くの悲しみを、拒むことなく受け入れながら、全く一般人として生活する。できるだけ人として、誰もが自分と同じように生きて苦しむことができるように。喜べるように。

自分は人として生きながら、人の可能性を信じている。自分のような一般の取るに足らない者にできることならば、世界の人にもできることだから、それを命を通して保障したい。

自分が普通にしてられるのだから、あなたたちも大丈夫だよ、と言ってあげられるように。


[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。