09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

アンチ深煎り そしてコーヒーは茶道じゃない 

日々勉強をしています。

いろいろ新しい発見が毎日のようにやってきます

色々な人との新しい出会いがあり

新しいコーヒーのスタイルにも出会う事もあります

ここ日本では茶道とコーヒーをいまだに同じ様に考えている人がいます

つまりこういう事です

コーヒーを淹れるときには作法があり

その一杯を点てるために様々な演出が必要であり

店主は自分が生きてきたすべてをその一杯に注ぎ込み

無言の会話をたまにかわしながら

じっと待つお客様に最高のおもてなしをするために魂でコーヒーを点てる

そういう人に限って深煎りの焙煎をします


たぶんそういう人はコーヒーそのものが好きなんじゃなくて

作法とか 決まりとか 伝統とか 沈黙とか 器とか 

日本の昔からある素晴らしい伝統文化が好きなんじゃないのかなと思います

だったら中途半端にそんなことせずに 茶道をなさったらよいではありませんか


コーヒーは深く焙煎したらみんな同じような味になります

同じような味になるなら値段の高い豆より安い豆を買います

そんなことをしていたらいつまでたってもコーヒーを日常的に飲む文化は広まっていきませんし

良い豆を作るために頑張っている農園の方にお金が回らず 

より品質の高いコーヒーの栽培を目指す農園が増えていくことの障害にすらなりえます


本当に今、支えていくべきコーヒーのスタイルについて知っているのは
伝統も礼儀も知りすぎていない、新しい世代
もしくはそういった重い習慣をカフェに注がない世代
そして生産者、消費者目線のできる若い世代です


是非コーヒーをもう少し外側からのぞいてみてはいかがでしょうか

という、だれに向けてるのやらな文章ができあがりました




スポンサーサイト

[edit]

エスプレッソ 

そのカフェにエスプレッソがあるならば、もちろん飲んでみたい。

安心してただ注文すればいい。エスプレッソくださいって…

ここは世界でも有名なあのBig City, Tokyoだ!

エスプレッソなんてそこらじゅうにあっていいはず...はず…



近い将来 必ずそういう日が来る

来る!

持ってくる!




[edit]

家でもコーヒーはしっかり淹れる派 

今の仕事場に移って、幸運にもpour over coffeeが上手になりました。


焙煎の度合いによって、いろいろ調整は必要ですが

日本の豆を使う場合、大体

豆は20g メッシュはペーパーフィルター用に お湯の温度は85℃

抽出するコーヒーの量は200ml

使う豆の量は少し多いかもしれません。


私の場合、一回目の蒸らし(15秒~20秒程度)の後は豆にお湯を通し続けるやり方

なので、抽出にかかる時間が短い分、豆を多くしていますが

少なくもしたり、増やしてみたりもします。


出来上がったコーヒーの濃い、薄いは味の善し悪しには関係がなく

それは好みの問題で

大切なのは 豆のいい特徴と独特な個性を抽出して

あまり出したくない風味は出さないようにするのがペーパーフィルターを使った抽出です。

もっと豆の特徴をよくも悪くもそのまま知りたければエスプレッソかフレンチプレスがありますし。



本当いい豆だけが手に入るわけではないので・・・これはすごくいい経験ですね!!!



そして

次はこれに挑戦してやります!
DSCF1558_convert_20110523022800.jpg


この不思議な抽出器具も必ず使いこなしてみせます!
















[edit]

ワクワク テイスティング 

コペンハーゲンからコーヒー豆を持って帰ってきてくれた友人。
伝説の(自分の中で)The coffee collective の豆です。ありがとう!鈴木やすお。

Gatina Kenya AA Top, Nyeri. 17/3/2011
約3週間経っててちょっと古い?いやそんなことは無い。
先ずはテイスティングしてみないと!

カッピング
香りはケチャップ、ストロベリー、クランベリー、花。
味はトマト、ローズヒップのような感じ。

Pour overもしてみました。素晴らしい。

確かにガスは抜けているけれど、もともとが浅いからまだまだいけますね。
よし、みんなにも飲ませてあげよう!


[edit]

コーヒーを淹れる 



コーヒーを淹れるのは楽しい。

生産者、生産地、収穫年度、そして焙煎日まで分かる今
コーヒーを自分で淹れてみない手はない。

ワインに当てはめても、一般の人がコーヒーほど細かい選択を
するのは容易ではないと思うし
もしこだわりの選択をしたいのであれば、それなりの場所で
少しはお金を多く支払わねばならないだろう。

もしおいしいコーヒーを飲むには余分なお金を支払わなければ
ならないと思っている人がいるなら それは違う。
一杯のコーヒーに余分なお金など上乗せしているマイクロロースターや
個人経営のカフェは無いからだ。

コーヒーで勝負しているカフェのコーヒーはそんなに高くない。
そりゃもっと上乗せしたいけど今は我慢するときなのだ。

だから今がチャンス。さぁ、コーヒー屋さんに走れー!!!

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。