09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

サービスに平等はない 



ホンジュラスからパリに向かう航路で、どうしても乗り換えがアメリカのアトランタになりました。
乗り換え時間は着陸から搭乗まで約3時間。
まず、乗り換えでもESTAというビザがないとアメリカには入国できないので、あらかじめ登録しておき、到着したら機械でまたレシートを印刷し入国審査へ。
乗り換えなのに入国審査。
乗り換えのための人の長蛇の列があるが、そのための審査官の窓口は二つ。
まずこの時点で狂っている。
約束通りのゆっくり仕事をする審査官の活躍で1時間半くらいかかって”乗り換えのため”の入国完了。
その後、ホンジュラスのチェックインカウンターで言われた通り、ラゲッジを一旦ピックアップするために待つが一向に出てこず、確認するとダイレクトでパリまで行くという事実に30分以上浪費。
そうこうしているうちに、ゲートに向かう前の手荷物検査には長蛇の列ができていてる。
急いで並ぶがとにかく乗り換えの人の人数と、対応するシステムとスタッフのスピードが全く合っていないので、ただただ進まない。
搭乗の時間が迫る。
それでも何もできない。
時間が迫っていますとスタッフに報告する人がいても、、、、
「いえいえ、見てください、ここにいいる皆さんが同じ条件で待っているんですよ。あなただけ特別に先に通せません。」
と言われる。
私の後に、スペイン語圏で、英語がほとんど喋れない5人ファミリーが並んだ。
母親はもう既に涙目で、もう時間がないのだとすぐにわかる。
ただ、英語が片言でうまく伝えられず、伝えてもさっきのように、皆同じ状況ですから、となだめられる。
だが待ちたまえ。
トランジットに2時間も3時間もかかるなんて誰が予想するか?
チケットを買うときは、航空会社から乗り換え時間も考慮されて発券される。
バカなスタッフが、客の立場には一切立たず、自由、平等、博愛を実践することのみにとらわれて、いったい何人の人が飛行機に乗り遅れて、泣いていると思っているのか?
アメリカはなんでそんなに偉いんだ?
人は皆、生まれた時から平等かもしれないが、
サービスとは状況に応じて、それぞれの人に対してやり方を変えていいものであり、
平等をつき通したら成り立たない。
少なくとも、乗り遅れる人が出ないようなシステムを準備していない空港が、平等を振りかざすことは認めることはできない。
アトランタ空港を利用した感想は、利用者が囚人として扱われているような、ストレスと悲しみに満ちていた。
アメリカは、管理する側と、される側のルールが違いすぎて、特にされる側に対するルールがお粗末すぎて、Fuckだ。











スポンサーサイト

[edit]

コーヒーを作ること 




コーヒーが持つそのままの個性を楽しめる
(砂糖もミルクも必要とせず また繰り返し飲みたいと思う)ようになって
もっともっとおいしいコーヒーに出会いたいという強い思いが今の私へと導いてくれた


私のこの10年間の間に築かれた人間関係は 
コーヒーという単なる黒い飲み物が引き寄せ構築したと言える
コーヒーを飲む事によって生まれた作用が 時には私の背中を押し 
必要な勇気を出させてくれた
またある時は 未熟な人格を攻撃される前に 私を守ったりもした

そして 何度も奇跡としか呼べないような魔法のような方法で 
私に必要な人を出会わせてくれた

つまり 私はコーヒーがこの世からなくなってしまったら 
視力がとても悪い人が メガネを取り上げられてしまったように 
何もできなくなってしまうかもしれない

コーヒーは単なる黒い飲み物ではない
コーヒーは人間を さらに良い方向へと導くために 
この世に用意された神器のような代物であるかもしれない

だから私はこれからも
自分のためにも 
そしてこの世界を良い方向へと築いていく人たちのためにも
おいしいコーヒーを作っていきたいと思います

[edit]

競わない 


自分のやっている事に自信を持てたらそれ以上必要な事なんてない

競争や勝ち負けの気持ちから湧きあがる情熱は一時的な興奮剤の様なもので

その興奮剤は、自らの視野を狭くし

本当に向かうべき方向を分からなくさせてしまう

だから勝ち負けにこだわる者が他者のルールに裁かれて時間を無駄にしている間に

この世界は競争しあう必要のない世界だと気付いた者が

最終的に本当の力を手に入れるだろう

いいシェフやソムリエ、いいバリスタやロースター、素晴らしい職人たち

厳しい世界で生き残っていく人達は実はとても穏やかでやさしい一面がある

いいものを見極める力を身につけるために

勝ち負けという誰か他人の基準に依存した価値観を捨てましょう

[edit]

冷たい水が苦手なわけではない 


期待していた皆さんごめんなさい。

氷水、結局かぶらなかった。

そりゃわかっているよ、こんなのはノリで、勢いでただずばーっとやればいいんでしょう。

意味なんていちいち考えていたらだめなんでしょう?


でもやっぱり何がしたいのか、どんな気持ちで氷水をかぶればいいのか自分を説得できなかった。

FaceBookの中だけで流行っているってもの気に入らないし。

指名されたらやらなければいけないっていう強制的なルールもちょっとひいたし。



案の定やらなかったら、数人からはなぜやらないんですかって半ばがっかりされた。

賛同するなら、みんながやればいいのになってなります。

結果的にほらやったやらないだけがみんなの記憶に残るでしょう。

というか、イスラエルがパレスチナ皆殺しにしているのはいいの?

情報操作だよねどれもこれも。

またどこかの諜報機関のデータベースに統計記録が蓄積されただけかもしれなよ。





でも、期待してくれた人々の思いを裏切ったのは申し訳ないと思っております。


最後に、
日本におられる約8300人のALSの患者さんが少しでも素敵な人生が送れますように。









[edit]

バリスタは光、コーヒーは影 



そもそもこのブログの名前を

「バリスタは光、コーヒーは影」

にしたのはですね

Tha Blue Herb の BOSSIZM

の中に出てくる

「ラッパーは光、言葉は影」

からとりました。



ラッパーが眩しく光り輝けば、さらに深く深く言葉という影を作る。

ラッパーの光が弱まってしまえば、言葉は他とは区別がつかず雑音に飲まれて消えていく。

という意味だと受け取りましたので。





バリスタとコーヒー
または作り手とコーヒーという関係に重ねてみました。














[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。