09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

久しぶりの 

このブログを抹消する時が来たなと
決意してログインしようとしたら
パスワードを忘れてしまって
どうにもできませんでした。

やっとログインできたのだけど
もう少し生かしておいてやろう的な感情が
湧くものです。

もう少し続けよう。
スポンサーサイト

[edit]

2回目の中東 

エミレーツに乗ってドバイに来ました。
ある事が始まるかもしれないのでマーケットリサーチです。



ラッキーと思われるかもしれませんが浮かれてばかりはいられないんです。
いい仕事をしているから認められ お話がくる訳ですが

では本番が始まってもいい仕事ができるかどうか
特に行った事もない土地では不安要素がはじめはたくさんあります。




コーヒーを飲み始めたのはイスラム教徒で1500年代
その長い歴史を持つ国で 私たちのコーヒーのスタイルを伝えて行く
簡単ではないでしょうね

こだわりを崩さず というか崩したらやる意味が無いし
でも崩さなかったら受け入れられないかもしれない現実があります

今回は短い滞在でも たくさんのリサーチができました

私たちを必要としてくれる人たちがいるならドバイだっていきます


[edit]

2014年 夏休み 





シアトルに降り立ち

訪ねたカフェすべてに満足し

ポートランドで最高のときをすごし

聖地マウントシャスタで魂をきよめて

サンフランシスコで断捨離の離を極めた

そんな感じで持ち物すべてを無くしてしまったので

最終地ニューヨークには行けなかったけれども

何かを捨てまた一つ何かを得たような気がします


世界は全然単純じゃなくて

募金をしたくらいじゃ

FaceBookでシェアしたくらいじゃ

本質はこれっぽっちも変わらない

争いごとはなくならない

民族紛争も無くならない


人類の現在の文明のあり方の本質に一歩でも近づいて行けば行くほど

まともに生きる事とは?のバランスをとる装置がまともに機能しなくなっていく


人間はあまり広い世界は見ず

または沢山見て

でも結局は自らの身の丈に合った生き方をしていればいいのかもしれません










[edit]

しあわせはこちらから迎えに行くものです 



とりあえず2週間仕事を休みます
という事について書こうと思ったらなぜか 昔読んだ寺山修二の詩が浮かんできました

ぼくが死んでも 歌などうたわず
いつものようにドアを半分あけといてくれ

そこから 青い海が見えるように

いつものようにオレンジむいて
海の遠鳴りを教えておくれ

そこから 青い海が見えるように


別に死ぬとかそういうところには何も思わない
ただいつもの場所から少しいなくなってみるのも悪くないなと思うだけ

人はみんな一度は悲しい時をすごしてきたはずで
その当時によく聞いていた曲や
何度も読み返した詩が ずっと後になっても
ふとしたタイミングで突然現れたりするよね
もしかしたらそれは
その当時から全然成長していない部分があるか
今の自分がその時と同じ波動の中にいるかだと思うのね

2週間のほとんどを車で旅をするんだけど
昔よく聞いていた音楽を持って行って
運転しながら 叫びながら歌ってみようかなとおもう
これは幽霊を信じている人たちが言う 除霊ってやつに近いよね


8月の後半はまたハードなスケジュールになることは間違いない
時代を変えるとか叫ぶ前に
自分を変えなきゃいけませんね


ご先祖様
お盆はポートランドとサンフランシスコにいますので
そこからご御挨拶させていただきます






[edit]

壮大な計画はまた一歩進んだ 


先ずは順調に計画は進行している

焙煎が始まれば バリスタとしてのキャリアは終わる

バリスタとしては約6年間生きてきた

ラテアートもやったけど途中からミルクがあまり飲めなくなった

一番好きなのはケニヤのコーヒーだと思っていたけど

きれいなブラジルに出会った時にその甘さと優しさに感動した


今のカフェで使っているコーヒーは

超一流の世界最高のロースターが焼いているコーヒーで

彼らのコーヒーはとてつもなくおいしい

何よりも素材の選び方が絶妙で

焙煎の仕方も絶妙

あらゆる方法で焙煎するプロファイルを研究し尽くし

石のように固い 果実の種子を

魔法の飲み物へと変えていく まさに錬金術師たち

錬金術にはとても興味がある

コーヒーの歴史は

争い 植民地 奴隷 そして宗教と錬金術の歴史

そして社会の仕組みを創る男たちには必要不可欠な飲み物となり

今ではこのコーヒーを作るという仕事に人生をかけてしまう人たちがたくさんいる


この神秘的な飲み物はこの先の未来

人々にとって 地球にとって

いったいどんなことができるのか


この先も色々な人々に出会いの場を与え

コーヒーによって刺激された脳みそは創造力を増して

人間にしかできない素晴らしいものを生み出していく手助けができる


私たちコーヒーにかかわる人間ができることは主にこのくらいかもしれないが

私が考えている以上に 実はとても大事な仕事なのではないかと

思う日がけっこうあるのですよ





これからがまた勉強の日々

そしてその次の壮大な計画へとまた近づくのだ















[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。